排卵検査薬は排卵後はどんな反応?

タイミング逃した!排卵検査薬は排卵後でも反応するの?

排卵検査薬は排卵後に使った場合、陽性反応が出るのでしょうか?
ここではそもそも排卵検査薬とはいつ使うものなのか、どういう仕組みなのか、排卵後の検査はできるのかについて説明します。

 

 

まず排卵検査薬は排卵前に使います。

 

陽性反応が出て2日ほどしてから排卵することが多いため、排卵前に検査して大体の排卵日を把握します。
排卵後は陰性反応が出るのが一般的です。

 

しかし時々排卵後に使っても陽性反応となることがあります。
これはなぜなのでしょう。

 

 

そもそも排卵検査薬とはLHという排卵を促すホルモンの量をはかるものです。

 

排卵の2日ほど前になるとLHがぐっと増えます。
そのため、排卵検査薬は強い陽性が出ます。

 

排卵後LHは減るので陰性反応になっていくのです。

 

 

ではなぜ排卵後にも関わらず陽性が出ることがあるのでしょう?

 

LHは排卵後も微量ですが分泌しています。
そのため排卵後LHが減ったとしても陽性が出ることもあるのです。

 

ですがこの時の反応は薄くしか出ません。
ピーク時と比べていただくとその差は明らかです。

 

さらにホルモンの分泌は進んでいくので薄い反応は長くは続きません。

 

排卵前になると濃い陽性を示すようになります。

 

ここで注意すべきは排卵検査薬は排卵そのものをはかるものではないということです。
あくまでも排卵を促すLHをはかるものです。
そのため排卵したか否かが100パーセントわかるものではないのです。

 

濃い陽性が出ても必ずしも排卵していないこともあります。
先にも述べたように排卵後も陽性が出ることもあります。

 

排卵しかたどうかが100パーセントわかる排卵検査薬はなかなかありません。
基礎体温を測ったり他の方法も併用しながら大体の排卵日をつかむようにしていきましょう。


排卵検査薬を使用中の方へ

排卵検査薬を使用している方はもう葉酸サプリを飲み始めていますか?

まだの方は今すぐ飲み始めるほうが良いです。

妊娠したら葉酸サプリを飲む必要があるということは聞いたことがある方も多いかもしれませんが、厚生労働省が、妊娠中だけでなく、妊娠を考えてる女性もすぐ葉酸サプリを飲み始めることをすすめているのです。

それにより赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げる効果が報告されています。

欧米や中国ではこのような研究が盛んに行われています。

妊娠中から葉酸サプリを飲むことで卵子の質が良くなり、それが先天性異常の減少につながるといわれているのです。
また流産を抑えるという報告も、人間ではなくラットでの研究というレベルではありますが報告されています。

そこでおすすめの葉酸サプリをご紹介します。

はぐくみ葉酸


こちらはオーガニックのものを原料としていること、また、価格が安いことで人気があります。粒が小さく、妊婦の方が飲みやすいものです。特に妊活中の方は女性だけでなく男性も一緒に飲むことが多く、精子の質を良くするという効果があると言われています。

【ベルタ葉酸サプリ】


こちらの葉酸はモノグルタミン酸という吸収率の高いものを使用し、さらに酵母を含ませることによって吸収率を高めています。

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ


こちらもモノグルタミン酸型の葉酸を使用しています。
妊婦の方に必要な他の栄養素もすべてく含まれています。

とにかく排卵検査薬を使っている女性にとって葉酸サプリを飲み始めることは必須です。
健やかな赤ちゃんと妊娠の継続のためにもぜひ葉酸サプリを飲み始めてください。